今、面白い本を読んでいます。国際問題についてです。
私に限らず、日本人なら知っておかなければいけない話題だと思い、あまり関心のない話でしたが読むことにしました。
まだ序章~2章くらいしか読んでいないけど、思っていた以上に面白くて驚きました。

その著者によると宗教と領土問題を一番に知ってほしいということでした。
その二つを真剣に考える機会はなかったし、そこまで重要視するような話題ではない気がします。
けれど一番知っておかなければいけないことなのかもしれません。
世界が緊張化にあるのに私達の生活はあまり変わらないからです。
自分たちの知らないところで世界はどんどん変わっていて、気づいたら手遅れなことになるかもしれません。
私が知ったからといって何が変わるわけではありませんが、知らないより知っておいたほうがいいのは間違ないようです。
今、読んでいる章はユダヤ教についてで、それまでにゾロアスター教、キリスト教、イスラム教などたくさんの宗教について書かれていました。
私が面白いと思ったのはあくまでも中立な表現であるにも関わらず、それに監修する人の多くが何らかの宗教団体の代表者や有名な編集者だったり、たくさんの人がその本を出すことを認めていることです。
そしてその本に自分の名前を使うことまで認めています。
本当に面白いです。
「自分の意見は~」と語るのではなく、中立な発言なので無宗教の私でも楽しく読めるところがいいです。
まだまだ続きがあるし、興味のある話題も出てきそうなので楽しみです。