最近歳のせいか、気圧変化による体調不良が多くなっている気がする。
調べたところ「気象病」と呼ばれるんだそうだ。

ホルモンの関係で月に数日眠気やだるさに加え、頭痛とうつ病じゃないかと思うようなネガティブさが襲うことがある。
それが近頃はどうやら天気が悪くなる前兆があったり、気候が不安定な時に起こることがわかってきた。
だがこれといった大きな持病があるわけでもないので、体調不良を訴えたところで病院に行っても仕方がないとわかるので病院にも行けない。
しかもこれから地球は温暖化にさらに向かうんであろう、季節は安定しないだろう。
これを改善していく方法はあるんだろうか?と考えるけど、ストレスになるのは余計に良くないと思い、悩むのをやめる。
でも気圧は容赦なく低下したり上昇したりする。
日本は四季があるから素晴らしいと感じつつも、この気圧変化や温度変化の激しい国に生きているから辛いのかと明らかに現実味のない、温暖な外国暮らしへの憧れも募るが、やはり現実味はない。

日の光に浴びることで血行が良くなることがいいらしいが、日の光が出ている時間帯は基本仕事じゃないだろうか?
皆どうやってこの気圧変化と上手に付き合っているのか教えてほしいぐらい、今年の春はつらい。
春がきたら夏を思う癖をどうにか止めねば。